logo

Homepage I

  • Cultureねぎ

    TFYと書いて

    ねぎ

    株式会社TFY

ねぎの専門商社TFY

TFYは2018年4月に設立しました。

あらきグループ65年培ったねぎの流通を新しい形にした会社がTFYです。

日本の食卓に、生産者と共にねぎを広めるのが職責です。

事業紹介 TFYの4つの事業を紹介いたします。

カットねぎ卸販売事業

ねぎオンリーのカット、ねぎの為のカット工場。契約産地で収穫されたねぎを主体に、刻み加工した製品をお客様にご提供しております。規格・重量別でカット製品は、約80種類のアイテムを扱っており、お客様のニーズに合った製品をご提案させていただいております。

ねぎ生産、栽培事業

TOSHIファーム
ねぎの一大産地深谷市で、安心・安全な生産者の顔が分かる農業を実施しております。農業法人化し、長ねぎ、青ねぎ、小ねぎを約30ha栽培しています。自社栽培の為、品種、規格をお客様のニーズに合わせ栽培することも可能です。また、市場の高騰にも流されず安定価格にて供給させて頂いております。

栽培委託事業

全国に展開し1人1人の生産者と向き合い、顔の見える生産をモットーに契約栽培に取り組んでおります。また、トレーサビリティーもしっかりして安全で安心なねぎをお客様にお届けします。品種から作型まで一緒に考え、その地域にあった作り方を指導しねぎを栽培しております。

原料卸販売事業

全国にある契約産地からできる限り中間流通を削り、新鮮なねぎをお客様にご提案いたします。お客様のニーズに合った商品作りを手伝わせていただきます。パッケージ、規格等、お客様のコンセプトに合わせた商品作りを全力でバックアップしていきます。

blank
5th 12月 19

インドネシア農業省訪問

11月27日~29日にインドネシア農業省等を訪問しました。MOUを締結している証として農業省より盾が贈呈されました。その後、農業省運営のトレーニングセンター、オイスカトレーニングセンターと農場等を視察しました。インドネシ
blank
3rd 12月 19

契約産地/生産者訪問(茨城中央園芸農業協同組合)

11月28日に茨城県の茨城中央園芸農業協同組合(生産者6人)で現地巡回指導を行いました。生育は大雨等の影響により遅れ気味でありました。また、病気(べと病、葉枯病)の発生が見られましたので、防除の徹底をお願いしました。「ね
blank
26th 11月 19

契約産地/生産者訪問(栃木県JA佐野)

11月25日栃木県JA佐野で目揃い会と現地巡回が実施されました。参加者はJA関係者を含めて約20名で、「契約ねぎ」の規格及び単価の確認と出荷時期の確認をしました。大雨等の被害で生育が遅れ気味で、12月中旬からの出荷を予定
blank
7th 11月 19

インドネシア農業省の幹部来社

11月3日に特定技能に関するMOUを締結しているインドネシア農業省の幹部の人たちが来社されて情報交換をしました。その後、カット工場を見学、インドネシアから来ている技能実習生の自宅を訪問しました。幹部の人たちに労働環境・生
blank
6th 11月 19

契約産地/生産者訪問(秋田県種苗交換会・仙北市錦の会)

11月4日に秋田県種苗交換会を視察しました。農業機械化ショーでマメトラのネギ定植機取付セットに興味を持ちました。その後、仙北市錦の会(生産者12人)を訪問して今年のネギの生産について「ねぎ情報」をもとに情報交換をしました
blank
22nd 10月 19

契約産地/生産者訪問(群馬県JAはぐくみ)

10月18日に群馬県のJAはぐくみの契約ねぎ説明会・目揃い会に出席しました。生産者約20名出席しました。、担当者からねぎの契約内容、運賃、受付等について説明がありました。目揃い会で台風の影響による曲がりとしわについての説
blank
22nd 10月 19

契約産地/生産者訪問(宮城県仙台市)

10月17日に宮城県仙台市の農事組合法人井土生産組合を訪問しました。当法人は「仙台井土ねぎ」のブランド化を進めていました。台風19号の被害が心配されましたが、台風が来る前に土寄せしたほ場は被害を最小限に食い止めていました
blank
22nd 10月 19

契約産地/生産者訪問(宮城県南三陸町)

10月16日に宮城県南三陸町のJA新みやぎ南三陸地区本部を訪問しました。管内では台風19号の被害を受けねぎが全面倒伏したほ場が多くありました。栽培を継続できるようにJAでも支援をして行く予定でした。その後、株式会社グリ-
blank
4th 10月 19

契約産地/生産者訪問(福島県南相馬市)

9月30日に福島県南相馬市のJAふくしま未来で行われた県のアグリイノベ-ション活用型営農モデル推進事業の現地検討会に出席してきました。3年間事業の2年目で、生産者は2法人(荒井農産、南相馬ねぎ出荷組合)で栽培面積9.3h
blank
13th 9月 19

契約産地/生産者訪問(福島県南相馬市、いわき市)

9月6日に福島県南相馬市の南相馬ねぎ出荷組合株式会社といわき市の生産者を訪問しました。南相馬ねぎ出荷組合株式会社は県のアグリイノベ-ション活用型営農モデル推進事業を活用して震災以前以上のねぎ産地を目指しておりました。機械
blank
4th 9月 19

契約産地/生産者訪問(茨城中央園芸農業協同組合)

8月30日に茨城県の茨城中央園芸農業協同組合(生産者6人)で現地巡回指導を行いました。秋冬ねぎ中心でありますが、収穫のはやい人では10月から収穫が始まります。品種は「関羽一本太」が主体であります。アザミウマの被害が見られ
blank
29th 8月 19

契約産地/生産者訪問(JA全農山形・JA庄内みどり)

8月23日に山形県酒田市のJA全農山形を訪問し、今年度のねぎの生育状況について情報交換をしました。その後JA庄内みどりを訪問してねぎの共同選果場を視察しました。JA管内は高齢化により栽培面積は現状維持でありました。ねぎは
blank
29th 8月 19

契約産地/生産者訪問(秋田県仙北市錦の会)

8月22日に秋田県仙北市錦の会(生産者十数名)を訪問して生産圃場を巡回しました。7月下旬から収穫が始まり、出荷量も増加しております。品種は夏扇パワ-が主体であります。品種により軟腐病の発生が見られたものもありましたが、生
blank
9th 8月 19

契約産地/生産者訪問(群馬県千代田町)

8月8日群馬県千代田町のねぎ生産者を訪問して、秋冬ねぎの生育状況を確認とねぎの育苗についての意見交換しましまた。昨年から栽培に取り組み今年は70aで栽培を行っています。品種比較として「サカタのタネ」と「トキタ種苗」の6品
blank
2nd 8月 19

契約産地/生産者訪問(鹿児島県薩摩白ねぎ出荷組合)

7月24日鹿児島県南さつま市の薩摩白ねぎ出荷組合を訪問して秋冬ねぎの生育状況を確認しましまた。7月上旬の大雨より一部圃場で定植後の苗が流され、被害がありました。生産者は、10月~6月までの出荷を目指して、新たな定植作業を
blank
15th 7月 19

契約産地/生産者訪問(群馬県JA赤城たちばな)

7月11日群馬県JA赤城たちばなで現地巡回指導が実施されました。夏ネギから秋冬ネギまで栽培しており、7月中旬から夏ネギの出荷が始まります。生産者4人(栽培面積90a)はベテラン栽培者で 長ネギ定植用穴あけ器(2条植え)を
blank
24th 6月 19

契約産地/生産者訪問(栃木県JA佐野)

6月18日栃木県JA佐野で目揃い会と現地巡回が実施されました。今までは秋冬ネギ栽培が中心でありましたが、今年度から本格的に夏ネギ栽培に取り組んでいます。現在、1人が出荷していますが7月1日から本格的な出荷になる予定であり
blank
4th 6月 19

契約産地/生産者訪問(群馬県JAはぐくみ)

5月31日に群馬県JAはぐくみを訪問して初夏ねぎの生産圃場を巡回しました。秋冬ネギの栽培が中心でありましたが、昨年度から初夏ネギに取り組み始め、今年度は生産者6名が取り組んでおります。標高200m位での栽培のため平場に比
blank
28th 5月 19

契約産地/生産者訪問(秋田県仙北市錦の会)

令和元年5月21日に秋田県仙北市錦の会(生産者十数名)を訪問して夏ねぎの生産圃場を巡回しました。定植は4月から行われ順調に行われたが、ゴールデンウィーク以降の干ばつの影響により生育が若干遅れ気味になっています。圃場巡回当
20th 4月 18

カットねぎの商品の販売をはじめました。

カットねぎの商品の販売をはじめました。
5th 4月 18

ホームページを公開いたしました。

ホームページを公開いたしました。 今後とも株式会社TFYをよろしくお願いいたします。