logo

契約産地/生産者訪問(鹿児島県薩摩白ねぎ出荷組合)

7月24日鹿児島県南さつま市の薩摩白ねぎ出荷組合を訪問して秋冬ねぎの生育状況を確認しましまた。7月上旬の大雨より一部圃場で定植後の苗が流され、被害がありました。生産者は、10月~6月までの出荷を目指して、新たな定植作業を行っていました。
この地域は初夏ねぎ栽培でトンネル被覆をしなくても栽培が可能であります。今後の栽培管理等について生産者と情報交換をしました。